看護師の制服は変化している

看護師転職サイトなどでは、病院で着用するナース服の色や形などの指定も知ることができます。私たちが病院に行っても、昔と比べると看護師の服装は大きく変わってきたと気づきませんか?病院によって看護師の服装には違いがありますが、個性が出るそうです。


看護師転職サイトで服装をチェック

昔は白衣、白いナース服が看護師の定番の制服でしたが、現在はナース服にナースハットを利用している病院はほとんどありません。おそらく看護師転職サイトに掲載されている多くの病院でも、ナースハットの廃止が進んでいるのではないかと思います。これは衛生面の他、ナースハットはが点滴や呼吸器などにぶつかってしまうことで、医療事故につながりかねないという現場の声を活かしたものなのだそうです。


カラフルな服装が増えている

小児科などで率先して導入されているものに、ナース服や白衣の廃止があるそうです。患者さんは白衣を見ると緊張してしまうという実験結果から、患者さんが看護師と安心して会話ができるように、動物などが描かれているものを起用している病院も少なくありません。またエプロンなどを白衣の上から着用することもあるそうです。看護師転職サイトで病院の服装に関することを質問するのは、自分のモチベーションだけでなく病院の考え方も見えるかもしれませんね。